転職10回以上アラサー女性の履歴書・職務経歴書2

この記事の続きです。

作成に際して、気をつけた点の第1は
書類選考だけではなく、面接の受け答えも想定しながら
履歴書・職務経歴書の作成をおこなったということです。

書類選考を通過した後には面接がまっています。
面接で面接官は、履歴書・職務経歴書を見ながら、求職者に質問をします。

すなわち、
履歴書・職務経歴書の記載内容に関連することは
かならず面接で聞かれると考えて、準備したほうが良いということです。

特に、記載企業での職務内容と入退職理由は、かならず聞かれます。

今回のAさんの場合は、この入退職理由に少し工夫が必要でした。

Aさんの入退職理由は、
入社理由:興味があった
退職理由:仕事が合わない
が多く、短期間での退職も目立ちました。

通常であれば、履歴書・職務経歴書作成では
会社・経験・職種・理念などで統一し
なるべく1つのものごとに一生懸命取り組んでいたことを
アピールしていくのですが
Aさんの場合、それでは面接で短期離職と入退職理由で
つっこまれ、ドツボにはまってしまうことは目に見えています。

そのために、あえて「好奇心旺盛」「チャレンジ」を
全面に押して履歴書・職務経歴書を作成しました。
そして、面接では
「20代はチャレンジ(悪く言えばふらふら)その経験を活かし30代で開花」
を軸に受け答えを考えていただきました。

どう取り繕っても突っ込まれることは突っ込まれます
消せない過去は、潔く認めた上で、アピールポイントを考えたほうが
面接で良いコミュニケーションが取れる可能性が高くなります。

転職・求職活動に正解はありません。
1人ひとりの歴史と個性に合わせ対策を練るべきです。

次の記事では、未経験職種への応募に際して気をつけた点を記事にしていきます。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
転職のご相談は大阪天王寺→おとな塾
☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
このブログ内の写真・文章の無断転写はご遠慮ください。

カテゴリー: メールでの相談実例 タグ: , , , パーマリンク